• 皆川夏樹

第17回 登別アーニス、医療講習会・相談会を行いました。

寒くなってきました。雪虫もちらほら見かけるようになりました。

 アーニスの医療相談会、写真を取り損ねたりしてしばらくアップしていませんでしたが、2ヶ月ごとにずーっと開催を継続しています。気がつけばもう17回、3年にもなるんですね。毎年登別の医療・福祉関係の方をお招きしてお話ししてもらっています。特別に大々的な宣伝をしたりするわけでもなく、アーニスにお買い物に来た方が、ちょっと座って聞いてこか、というくらいで立ち寄ってもらえたら、・・・のつもりで、なるべく気軽なテーマで続けてきています。


 今回は、多田薬局本店を仕切っておられます、多田裕一郎さんにお願いして、「薬剤師が教える正しい市販薬の選び方」というテーマでお話し頂きました。


 私自身、医者をやっていても、実は薬局で買える薬と、医者が処方しなければいけない薬、の区別が今ひとつついていません。もっと言えば、「風邪」薬などは、(本来ほとんどの風邪は薬なんていらない、と思っていますが)どうせ飲むなら医者の処方よりも薬局で買った方がずっと「いい」薬が買えるのに、とは思っています。・・・「飲まなくていい」と思っているので、いくらか皮肉めいた言い方にはなってしまいますが、いやほんと、コマーシャルを見ていたって、市販の薬局で買える風邪薬は、それぞれ自分の症状に合わせて選べるようによく考えられていて、優れもの、ですよ。


・・・そのあたり、多田先生も、ちょっと困りながら、風邪薬や胃腸薬、目薬、など、「選び方」を解説してくださいました。困りながら、っていうのは、ひとつには私も目の前にいましたから、「病院に行くより薬局に来た方がいい」とはあからさまに言えないでしょうしね。


 でも冗談ではなく、医者の処方薬というのは、「ちょっとしたこと」に対応するようにはできていないんです。基本的に、「おおごと」に対応するため、なんですね。皆さんも、ちょっとしたこと、は、まず薬局で、薬剤師さんに相談をする方がスムーズに解決することが多いです。是非薬局をご活用のほど・・・。


 さて、アーニス医療相談会・講習会も次回12月で丸3年、18回を迎えます。来年のことはまたゆっくり考えるとして、次回は私皆川から、「太っててなにがわるい!・・・それでもやせたいあなたへ」と題して、肥満のお話しをさせてもらいます。


12月8日(土)11:00~の予定です。お待ちしています。

4回の閲覧

© 2019

みながわ往診クリニック

【公式】